安心してバイクに乗るには任意バイク保険が必要

バイクの免許を取得し、初めてバイクを購入し運転するという段階になった時、落ち着いて考えなければならないのがバイク保険についてです。バイク保険には大きく2つの種類が存在しており、これについて知っておかなければなりません。

まずバイク保険の種類の1つであるのが、強制保険と呼ばれるものです。こちらは自賠責保険、正式には自動車損害賠償責任保険というもので、バイクや車を運転するすべての者が加入しなければならない保険となっています。しかし、この強制保険はあくまでも最低限の保障をバイク事故による被害者に与えるものであり、自分に対する保険としての効果を持っているものではない、ということについて注目する必要があります。

そしてもう1つの種類であるのが、任意保険です。強制保険に対して任意で加入することになるためにこのように呼ばれることになります。こちらの任意保険については保険の種類によって対応できるようになっている範囲が大きく違っており、どのような範囲で補償できるのかを考えて加入することになります。

強制加入である自賠責保険では不足している部分を補うための存在であり、安心してバイクに乗るためにはほぼ必須とも言える保険でもあります。